私の健康状態はすべて生理に支配されている

女性ホルモンは、たったのティースプーン1杯ほどの量だと言われています。

それにも関わらず、私はこの「女性ホルモン」にすべての生活を支配されているような気がするのです。

まず「生理」です。

私はPMSの症状が本当に重くて、漢方薬または低ピルの錠剤が欠かせません。

毎食後に飲んでいるのですが、さすがに1日3回も飲んでいると、「しょっちゅう飲んでいる」という感覚に襲われます。

ですから、「私は毎月に一度、だいたい3日ぐらいの生理のために、こんなにも豆に薬を飲まなきゃいけないのか…」という多大な疲労感に襲われます。

もう本当にね、ぶっちゃけ生理なんて必要ないんですよ。

しかし女性ホルモンによってなのかなんなのか、まだまだ生理はやってくるんです。

早く閉経したい…なんて密かに思っています。

子宮使う予定ないですし。