大きな犬にびっくり

夜車に乗っていると、男の人が歩道を歩いています。

横には子供さんもいらっしゃるようで、こんな遅く暗い時間にと思ってみました。

すれ違う時になって、横にいたのは子供ではなく、大きな犬だったことが分かりました。

見たことのないような大型犬で、散歩をされていたようです。

これには驚きました。

一瞬のことで、どんな犬種だったかということまでは分からなかったけれど、カッコいい!

と言うのが本音です。

それにしてもあんなに大きな犬を飼うのはいろいろな意味で大変だろうなと思います。

散歩をしていても、しっかりとしつけをしておかなければ、引っ張られてしまってどうにもならないでしょう。

昼間で、私も歩いていたら、きっと話しかけて撫でさせてもらっていた事でしょう。