生理痛というもの

わたしは生理痛というものをあまり感じたことのない人です。

腰が重くだるくなることはあっても生理の時にお腹が痛いという事を感じたことがありませんでした。

けれどだんだんとその痛みを感じることが多くなってくるようになりました。

二人目を産んだあたりから生理に変化が出てくるようになり、排卵痛なるものの酷さ、そして生理前の貧血気味、そういったものが出てくるようになり、最近では生理の時の腹痛が酷くなってきました。

一度婦人科にかかったほうがいいのかもしれませんが、そういった時には症状があったときに行くべきだと思い、なかなかタイミングが合わずに行けずじまいです。

生理痛って結構ひどくお腹が痛むんだなぁと今更ながらに知りました。

二十年以上前の記憶

先日テレビで、二十年以上前に上映されていた映画が放送されていました。

その映画は私が小学校低学年の頃に両親と一緒に映画館に観に行った映画でそれ以来観ていなかったので、実に二十年以上一度も目にしていなかったことになります。

すごく懐かしいと思い、家族に当時の思い出を語りながらみんなでその映画を観ました。

するとけっこう内容を覚えていることに驚いてしまいました。

二十年以上経っているのに大まかな展開や要所要所のシーンなど、かなり記憶に残っていました。

そんな自分の記憶に驚いたのですが、よく考えると前日の夕食の献立などはまったく覚えていないのに、そんなに前の記憶が残っているとはおかしなものです。

やっぱり幼い頃のことのほうが記憶によく残るのかもしれませんね。

はんてんを羽織りながらゆったりと

寒い日はコタツに入るのもいいですが、はんてんを羽織るのもいいですね。

むしろコタツとはんてんの組み合わせが素晴らしいと思います。

下半身をコタツで暖め、上半身をはんてんで暖めることで全身をあたたかくすることができます。

さらに白湯やハーブティーがあれば最高です。

私のはんてんは暗めの赤色で、母親がなぜか私に譲ってくれたものです。

私としては黒のほうが好きなのですが、黒はホコリが目立つので赤でもいいかなと感じています。

それなりに暖かいですし不満はありません。

ポケットもついているので、ポケットがないパジャマの時は非常に重宝しています。

スマホや万歩計をいれておくのにぴったりなんです。

冬もますます寒さを増していくので、こうやって寒さ対策をしていきたいと思います。

パソコンに感謝した瞬間

パソコンに取り込んである写真を見ていると、昔飼っていた犬の写真が出てきました。

子供の時から動物が大好きで、ずっと犬を飼いたいと思っていたのですが、どこの家庭でもそうであるように、我が家でも犬の世話をする事は大変だという理由で飼ってもらう事はできませんでした。

しかし、姉も私も大人になり、家族が何となく癒しを求めるようになった時に犬を飼ってみようという話がまとまったのです。

我が家で犬を飼う事になろうとは思ってもいなかったので、大人になった私も大喜びでした。

子犬で飼ったので、とにかく可愛いくて写真をたくさん撮っていました。

その時の写真が出てきたのです。

パソコンに取り込んであったので、引越ししてもなくなることなく写真を見返す事ができるのは大変ありがたいです。

パソコンに感謝!と思いながら見入ってしまいました。

欲しい時に手に入らないもの

最近ハマっている紅茶ですが、さすがに毎日飲んでいるとあっという間に無くなってしまいました。

ないとなるとますます飲みたいと感じてしまいます。

これはもう買いに行くまで気になってしまうに違いないと思い、紅茶を買いに行く事にしました。

しかしわざわざ買いに行った時に限って品切れしているという運の悪さです。

せっかく外へ出たのだから、買わないで帰る事はしたくはありません。

そこで近くにあるお店を数軒回ってみましたが、あるにはあっても値段が高すぎたり、と思った紅茶にめぐり合う事ができません。

そこまで運が悪いとなるともう紅茶を諦めるしかありません。

どうでもよい時は結構目にするのですが、欲しい時は手に入らないといった事はよくあります。

今回もそうだったようです。

ただメールを待つのみ

待っているメールがない時は何だか不安になってしまいます。

こちらから最速のメールをすれば、心の中のもやもやもあっといいう間になくなってしまうのかもしれませんが、友達や家族になら簡単にできるメールも、目上の人に対してはそう簡単に送る事を躊躇してしまいます。

なんだかせかしていると思われるのも嫌だし、私がせっかちな人間だと思われるのも嫌です。

だからただひたすら待つのみなのですが、そんな時に限って連絡はないものなんです。

相手にしてみれば、私が待っているとは思ってもいない事なのでしょうね。

何をする訳でもないし、メールを待っている間、他の事もできるので生活には影響はないのですが、やはり心の中で気になってしまい、落ち着かないのです。

徹夜は良い事無しです

一晩徹夜をしてみました。

やる事がたくさんあったので、コーヒーを飲み、眠気が来ないようにしながら頑張り、無事目標の事をし終える事ができました。

これには大満足で終わっってからしばらく余韻に浸り、それから眠りにつきました。

次の日はさすがに普通には起きる事ができません。

夕方近くに起きだし、やっとkらじなどを始めます。

しかしいい加減にまた眠たくなり寝てしまいます。

次に起きるのは、次の日の午後になっています。

それだけ眠っているのにまだ眠いという最悪な状態です。

徹夜をすると、どうやらいつもの2倍以上睡眠をとらないといつもの体には戻らないようです。

今回は仕方がなかったのですが、やはり規則正しい生活をする事が一番体にも時間的にも良い事だと納得しました。

初めての子どもセンター

先日、1歳になった娘と初めて子どもセンターに行ってきました。

子どもセンターは、0歳〜18歳までの子どもが自由に遊んでいいという町の施設です。

子どもセンターに行くと、大まかに乳幼児用、小小学生以上用と部屋が分かれていました。

その日は週末だったので、様々な年齢の子どもたちや保護者の方がいましたが、年齢によって部屋が分かれていて安心しました。

乳幼児用の部屋は、幼い子向けの積み木やボール、音のなるおもちゃや絵本があり、自由に使ってよいということでした。

人見知りの我が子は、最初は緊張もあり固まって動いていませんでしたが、次第にテンションがあがってキャーキャー声を出しながら走り回っていました。

なかなか家ではそんな風に遊ばせてあげられないので、子どもセンターにきてよかったと思いました。

近くにあるので、これからたくさんお世話になりそうです。