お風呂の天井の掃除

お風呂の天井の掃除は皆さんどのようにやっていらっしゃるのでしょうか。

新築アパートに引越して、1年以上は特別に掃除をしなくてもきれいなままでした。

換気が良く、カビも生えにくいお風呂場に喜んでいたものです。

お風呂を上がると気にお湯を抜き、そのついでにパッと洗剤で洗うだけで住んでいました。

しかし最近は天井の汚れが気になり始めてきました。

雑巾で拭くには天井まで手が届かないし、脚立や都合の良い足場になるような椅子は持ってはいません。

水を含ませたモップで拭いてみましたが、天井から水が落ち、服が水浸しになってしまい失敗に終わりました。

こうなるとどうやって天井の汚れをとったらよいかという事が分かりません。

そのまま放置しておけば更に汚れはとれにくくなってしまうので早めに対策をとりたいと思うのですが、良いアイディアが浮かばずに困っています。

毎回ヒヤッとする出来事

先日辺りが暗くなってから近所のコンビニへ出かけることがあったのですが、その道中で道端に黒い物体がうずくまっているのが見えました。

思わず内心ドキッとしてしまったのですが、よくよく見てみるとただのゴミ袋でした。

でも発見した一瞬はかなりヒヤッとしました。

私にはそういったことがよくあり、自宅にいても冷蔵庫に黒い虫がいるとゾッとした次の瞬間にはそれがマグネットだとわかったり、窓から外を見ていて誰か人影がと焦ったら街灯だったりと、そのたびに寿命が縮まる思いをします。

視力は決して悪くはないのですが、よく周囲を観察していないから条件反射でドキッとしてしまうのです。

でも不思議なもので驚いた瞬間というのは、一瞬で本当にいろんなことが頭をよぎります。

逃げるかそれとも退治するか、誰か人を呼ぶかなどと一瞬で考えるのですから脳って意外とすごいものです。

今度は自分のマフラーを編みだしました

先日、編み物など普段しない私が、夫のために、マフラーをなんとか編み上げました。

プレゼントをして、マフラーにかける時間から解放され、ホッとしていたのにもかかわらず、何だか、自分用にも欲しくなってきてしまい、今度は、自分のために、マフラーを編み始めてしまいました。

今度は、時間制限がないので、気の向くままに編んでいるのですが、やっぱり、この時期、寒くてマフラーが欲しくなるので、結局、マフラーにかける時間に縛られている様にも感じられます。

基本的な表編みが、出来ていない私なので、練習もかねて編んでいるのですが、やっぱり、表も裏も、裏編みになってしまっています。

この際、編み物を極めてしまおうかとも思っていますが、編み棒さえ、そろっていない状態。

何で編んでいるのかというと、台所にあった未使用の菜箸です。

そもそも、そこから編み物に対して準備が出来ていないので、近々、編み棒等を買いに行こうと思っています。

本屋さんで気になった本

ひさしぶりに本屋さんに行き、本を眺めてきました。

ふだんは図書館で本を借りることが多い私ですが、たまに本屋さんにも行きます。

本屋さんのすばらしさは一言では説明できません。

本好きの私にとっては、わくわくするような場所です。

新しい本が平積みされていたり、ピックアップされて書店員さんのコメントが書かれていたり、行くたびに発見があります。

見ていると、いくつか気になる本がありました。

まず、水島広子さんの「『むなしさ』を感じたときに読む本」を見て、買おうかなあと思いました。

誰でもむなしいと感じるときがあり、むなしさの秘密を知りたかったからです。

また、稲盛和夫さんの「ど真剣に生きる」は、タイトルが目をひいたので、読んでみたくなりました。

朝に目覚ましかけておいて

相方が朝6時起きなんですが、自分でちゃんと起きません。

毎晩ギリギリまで起きて何かやってるし、朝は朝で目覚まし数個セットしておいて全部ちゃんと止めた上でまた寝ます。

そうなると私が起きちゃうんですよね先に。

普段、寝てて良いよ自分で起きるからと立派なセリフは言ってるんですが、言うだけでやれません。

まぁ良いんですけどね、どの道朝の食器洗いから食事の用意、洗濯やらゴミ出しやらしないとなりませんから。

とは言っても、毎朝のアラームをセットする行為が実は私を起こす為にあえてやってるような気もしてしまいます。

ただの私の妄想ですし、当人は本当に起きる気なのは解ってますが穿った見方したくもなりますよね。

それでも怒らないでいられるのは、毎回ちゃんとありがとうと言ってくれるからなんです。

割りとそれだけの事でも許せるんですよね。

感謝をちゃんと言葉で伝える効果は凄いんです。

人を見る目とは?

主人と一緒にご飯を食べながらテレビを見ていました。

クイズ番組なのですが、今までそんなに頭の良いとは思っていなかった芸能人の方が意外にも次々に難問を解いていく姿に驚いてしまいます。

主人に「この人こんなに頭が良かったんだね。気付かなかったよ」というと意外そうに「えっ、気付かなかったの?自分は知っていたよ、顔を見れば分かるじゃない?」と言います。

顔を見て分かるってどういう事なのでしょうか。

「えっ?じゃあ私は頭いい?」と満面の笑みを作って主人の顔を見て尋ねると、主人は無言です。

はいはい、分かっています。

私はおバカさんですよとちょっとすねながらその場は流れてしまいました。

主人にいわせれば私は人を見る目に欠けているそうです。

結婚相手に主人を選んだのはどうだったんでしょう?

と思わず深く考えてしまいました。

塵もつもれば山となるを実感しています。

9月からコツコツと内職を始めました。

内職と言っても一時間400円くらいの仕事で一日1.5時間から2時間分くらいしか仕事がないので、数百円の稼ぎですが、それでもひと月、ふた月と続けるうちにこつもつかんできましたし、何よりもお金が貯まっていくのが嬉しいです。

本業とは別の仕事で家で空いている時間に出来るのでこれはこれで助かっています。

来年の2月に旅行に行きたくて貯めているお金なのですが、予算は75000円くらいで今20000円を超えて貯まり、気分はノッテいます。

毎日はわずかの貯金ですが塵も積もれば山となると言うのは本当だなぁと実感しています。

あと50000円なので、コツコツ毎日頑張ってなんとか間に合うように目標達成したいと思っています。

文章力のない彼女

久しぶりの友達からメールが届きました。

最近の出来事を伝えているようなのですが、この友達は文章力が恐ろしい程にないのです。

決して私が文章力がある方だとも思ってはいませんが、それにしても主語はなし、句読点もなし、尻切れとんぼで次の話題にうつってしまう長文のメールの解読にはいつも時間がかかってしまいます。

一種の暗号のようなもので、文章の解読ができたら嬉しさを感じる程です。

話す時は普通に会話して、不便を感じる事もないのですが、どういう訳が文章を書くのが苦手なようです。

本人も多少の自覚があるのは救いなのですが、解読しないと返事もできないのでその友達のメールだけは読む前に構えてしまいます。

世の中いろいろな人がいるんだなぁと思う瞬間でもあります。