やっぱり兄弟

子供は見ていてとても面白いです。

兄弟が遊んでいるところを見ると、自分の幼少時代を思い出させてくれます。

なぜかと言いますと、下の子は必ず上の子のマネをするということです。

やっぱりそこはどこの家庭も同じだそうで、見ていて面白いし、下の子は上の子に憧れに似た何かがあるのかなぁと思い、いつも微笑ましく眺めています。

上の子もなんだかんだ言いながら、下の子の面倒を見てくれるし、そうやって兄弟関係をうまく気付いていくのだろうなと思います。

今、仲はいいのですが、大人になってもいつまでも兄弟仲がいい二人でいてほしいと願うばかりです。

兄弟仲がいいということは、親にとっても安心材料にもなるし、結果、親孝行になるのではないのでしょうか。

家族で遊びにでかけました

先日、夫が急に休みを取れたので、家族で「こどもの国」に行きました。

子供の遠足では何度か訪れていた場所でしたが、家族で遊びに来たのは初めてでした。

そんなに遠くもなかったのですが、「遠足の場所」ということで、お出かけリストから外れていたのです。

でも、よくよく考えれば、遠足で遊んでいるのは、園のほんの一部の場所。

回数は行ったことがあっても、知らないものばかり。

牧場や、遊具にサイクリングコース。

楽しいことがたくさんでした。

それでも、今回も半分くらいしか遊べていません。

まあ、結局最後は、毎回乗っているミニSLで終わったのですがね。

子供達、大好きなんです。

今度はお弁当を持って、丸一日ゆっくりしてみたいと思いました。

いちじくのジャムを作りました

先日、親戚のおばさんに頼まれて畑仕事の手伝いに行きました。

日頃あまり運動をしていないので、なかなか身体が動きませんでした。

それでも、草抜きや種まきなどを一生懸命頑張りました!

たいして役に立たなかったかもしれませんが、親戚のおばさんがすごく喜んでくれて嬉しかったです。

そして帰りに、たくさんいちじくをいただきました。

少しずつ食べていたのですが、まだまだたくさんあるので、残りはジャムにすることにしました。

リンゴやイチゴのジャムは作ったことがあるのですが、いちじくは初めてです。

上手くできるかなぁと思いながら、調理を始めました。

いちじくを良く洗って、包丁で薄皮を剥き、小さくカットします。

そしてホーローの鍋にカットしたいちじくと砂糖を入れて、強火で煮ます。

途中でアクを取りながら煮詰め続けて、最後にレモン汁を加えて完成です。

色も鮮やかで、とても美味しく出来ました!

少しずつパンやヨーグルトなどと一緒に食べようと思います!

妹とパンケーキを食べに行きました!

今日はずっと前から行ってみたかったパンケーキ屋さんに、妹と行ってきました。

開店時間の10分くらい前にお店に着いたのですが、すでにお客さんが数人並んでいて驚きました。

奥の席に案内されて、さっそくメニューを開きました。

どれも美味しそうで、写真を見ているだけでお腹が鳴りそうでした。

どれにしようか真剣に悩んだ末に、お店の一番人気のイチゴとホイップクリームのパンケーキを注文しました。

真ん中に生クリームがたっぷりあったのですが、さっぱりしていました。

そして、甘いイチゴとふわふわのパンケーキが最高によく合っていました。

かなりボリュームがあったので食べきれるか心配しましたが、美味しくてあっという間になくなりました!

妹が注文したマンゴーとナッツのパンケーキも、とても美味しかったです!

抹茶と小豆のパンケーキもあるそうなので、次はそれを食べてみたいと思いました。

お腹が出てきた

最近、とてもよく食べるので恐る恐る体重計に乗ってみました。

けれど体重は増えておらず、安心しましたが、最近お腹が出てきたように感じます。

結構ポッコリです。

もちろん妊娠しているわけでもなく、ただ太ったのだろうと思いますが、体重に影響はないということは、内臓脂肪が増えてきているのだろうと思いました。

早急に何とかしないと、後で痩せようと思ってもなかなか難しくなってきます。

難しくなる前に、なんとかせねばと思い、でもどうしたらいいのかわかりません。

大好きなお菓子を止めたらいいのでしょうが、止めれないという現実。

そうなると痩せることなど不可能です。

ダイエットとは結構難しいものなのです。

自分との戦い。

そう思います。

たまに自分が嫌になる

見た目はそつなく何でもこなしそうな顔をしているのに意外におっちょこちょいです。

しゃべっていても噛むことはしばしば、ものを取ろうとしてコップに手をひっかけてひっくり返してしまうこともしばしばです。

またやっちゃった~でいつも済むのですが、あまりに頻繁にしすぎたときやありえないことをしたときは自分が嫌になるときがあります。

ありえないことというのは、先日晩に散歩をしていたときです。

歩いていると足に何か当たりました。

え?何?と思って振り向くと犬のウ○○です。

大人にもなって、踏んでしまったのです。

一緒に歩いていた旦那も「噓だろ」と言って呆れ顔、汚いものを見るような目でこちらを見てきます。

さすがにいつも軽くエヘヘと流す私も自分が嫌になりました。

たまに空腹に耐えれなくなる時がある

わたしは夜、飲食店に勤めていますので、夜ご飯は食べません。

体が慣れたのか、夜ご飯は食べなくてもお腹も減らなくなったのですが、体調の変化か、たまに無性にお腹が空いて仕方がない時があります。

お腹が空くと、胃がおかしな感じになり、背中とお腹がくっつくという言葉がピッタリになります。

本当にお腹と背中がくっつきそうな錯覚に陥りますが、仕事中なので我慢をしなければならず、けれど目の前にはお客様に提供しなければならない料理が、ズラリと並べられています。

たまに一口ぐらいなら食べても平気かな!?

と変な気持がわいてきます、、、拷問という言葉が似合うような状態と格闘しながら勤務をしていると、気付けば、あの空腹が消えています。

人間、限界を通り越すと空腹も消えるのかと思い、驚きました。笑